一眼レフカメラとは

カメラの種類はいくつかありますが、その中で一眼レフカメラとはいったいどのような種類のカメラなのでしょうか。まず、一眼レフの一眼とはレンズを意味する言葉で、一眼レフの特徴はこのレンズを自由に付け替えることができ、さまざまな種類のレンズと交換することができます。また、レフはシュピーゲル・レフレックスという言葉が元になっており、その意味はドイツ語で反射鏡をあらわすものです

一眼レフカメラそしてこのカメラの最大の特徴は、ファインダースクリーンに結像させる機構を持つのが、一眼レフの名称の最大の特色といいます。一眼レフカメラは、いわばスチルカメラの構造と同様に、レンズと撮像面との間にこの反射鏡を持っているわけです。撮像とは、カメラで撮った映像を記録しておくための媒体のことで、カメラフイルムや印画紙あるいはメモリーカードのように、記録媒体全般を言います。

この一眼レフに対して、二眼レフカメラというのも存在しますが、その名のとおり二つのレンズを持つのが特徴で、一眼レフと比べ自動絞りやミラー上下機構も不要であるのが最大の特色と言えますが、レンズが二つ必要であるため、構造上にもコンパクト化の非常に難しいカメラと言えるでしょう。


●関連記事●

  1. カメラの歴史
  2. 一眼レフカメラの進化
  3. カメラ買取サービス